歯科用CT

より安全で安心な歯科治療の為に。

歯科医療は、歯など治療対象が大変小さく、繊細な手技が要求される医療です。
近年の歯科医療の発展でインプラント治療などの普及・認知度も高まっておりますが、カドヤデンタルクリニックでは、安全に確実なインプラント治療はもちろんのこと、全ての治療において最新の歯科用CT装置を導入し、使用いたします。
歯科用CTでは、従来のレントゲンでは判断する事が困難であった歯と顎の骨の位置関係、大きさなどの情報をたくさん得ることができます。
また、CTの3D画像は患者さんにもとっても、わかりやすい画像診断法ともいえます。従来のレントゲン診査では術者の感性、 感覚といった要素が診断を大きく左右していたのですが、それに加えて見えない部分を把握するということは安全性、確実性において患者さんにとっても、大きなメリットがあるといえます。

パノラマ撮影
高画質のデジタルパノラマを撮影後すぐにモニター上で画像を確認できます。
現状を一緒に確認頂き、症状をご説明のもと、治療を進行します。

CT撮影
360度全周から撮影したデータでは、複数のデータ解析表示が可能であるとともに、スライスされる位置や角度を変えることが可能となります。
本当に必要な部分の必要な角度での断面を見ることができます。
硬い骨質部分、通常の骨質、組織といった情報までもCT撮影にて確認する事ができます。
患者さんの細かな状態を把握・確認し、治療計画の立案にお役立ていただく事ができます。

歯科用CT Q&A

  • 通常のレントゲンと比較し照射量は多いですか?
    通常のレントゲンと比較し、照射量は約1/10と少量です。
    人体に及ぼす影響は比較的少ないので、患者様に安心して撮影を受けて頂く事が出来ます。
  • 歯科用CT機の方が医科用CT機より優れているのですか?
    歯科用CT機では骨,歯,毛髪,爪などの硬組織が細かく見れるのが特徴です。
    通常の医科用CT機では軟組織を細かく見る事が出来ます。
    どちらが優れているという事はないですが、歯科用に最適化されたCTを使用する事で、インプラント治療などには、より安全な治療が出来ます。
  • 医科用CT機と比較し骨密度は細かく見えますか?
    骨密度を測るには医科用CT機が優れております。
    歯科用CT機による撮影は顎骨がメインとなりますので、骨密度を正確に測るには歯科用CT機は適しておりません。
  • CTデータを使って他にできることはありますか?
    3次元造形プリンターを使って、そのまま撮影した情報を立体化させた実寸の3Dモデルを作るなんてこともできます。それほどに、CTの情報量は細かく膨大であるのです。