小児歯科治療

これからの為の環境づくり。

小児歯科では『個々それぞれの健康な永久歯列』を目指して虫歯の予防や治療、歯並びの指導をしていきます。
乳歯の虫歯予防はとても大切であり、後の永久歯の虫歯にならないようにカドヤデンタルクリニックでは『フッ素予防』をしています。 フッ素はお口の中の細菌を減らしてくれたり、歯の表面のエナメル質を強化するといわれているお薬です。 定期的にフッ素を塗ることでお口の中の関心が高まったり、虫歯の発見も早くなるので予防に役立ち虫歯になっても痛みが少ないうちに治療することができます。
乳歯の虫歯が治療できると、虫歯菌も減り、隣から生えてくる歯はもちろん、全体的に虫歯の発症を低くすることができるのです。

将来の健康の為に

子供の頃の生活習慣は、その後の生涯に引き継がれます。
食事のスタイル、口腔内の環境も同じです。
幼少期に、むし歯になりにくい環境をつくることができれば、生涯において、むし歯になるリスクを軽減できます。

歯が生えてから1~2年間のケアがとても重要になり、この時期にしっかりと予防をすることにより、むし歯になりにくい歯質が造られるのです。
お子さまの歯の健康は、ご両親とカドヤデンタルクリニックが協力してつくっていけると考えます。
ご相談・ご質問等、お気軽に話をお聞かせください。