インプラント

入れ歯やブリッジにご不満をお持ちの方へ。

インプラントとは英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。
医学用語では移植するという意味があり、人工材料で作った人工歯根を歯の欠損部のあごの骨の中に直接埋め込み、その上に歯冠を製作します。
虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方向けに、部分入れ歯、総入れ歯、人工クラウン、ブリッジなどに替わる歯の修復方法です。

インプラントの構造

インプラントの構造は右図のように、上部構造・アバットメント・インプラント体(人工歯根)の大きく3つの部位に分けられます。

歯を失った骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に歯を立ち上げます。 歯の欠損が与える影響は、機能・審美・そして精神的にも大きなダメージです。インプラントは、歯の欠損における有効な治療法なのです。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は身体の健康を保つだけでなく、心までも健康にします。
  • 固定式なので、安定性がよく、食物を噛み砕く事ができます。
  • 無くなった歯の大きさと同様の大きさの歯が入るので、違和感が全く無く喋りやすくなります。
  • 周りの歯を削ることがなく、また、ブリッジのように無くなった歯の応力を残った歯に負担させることがないので、結果として残った歯の寿命を延ばすことになります。

デメリット

  • インプラントを植立する為の手術が必要です。
  • 治療期間が他の修復物より長い。
  • 重度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントが出来ないことがあります。
  • 保険非適応のため、費用がかかります。

これまでの歯科治療とは違い、多くのメリットだけではなくデメリットもございます。
大切なことはそのどちらも理解したうえで、ご自身に最適な治療法を考えることにあります。

CTによる三次元的な診断

カドヤデンタルクリニックでは、歯科用CTを導入しております。
CTでは、撮影した画像が立体的に写し出されるため、インプラントのための診査や骨の状態の把握を正確に行うことができ、より安全、確実に治療することができます。

歯科用CTについて 詳しく見る

インプラント専門医による治療

カドヤデンタルクリニックでは、様々なケースのインプラント治療に対応可能です。
特に難症例のケースは、インプラント専門医(福森先生)による施術にて、最良な治療と患者様にとって最良のゴールを目指します。

スタッフページを見る

インプラントとブリッジと入れ歯の違い

ブリッジとの比較
  • ブリッジ:失った歯の両脇の健康な歯を削り3本の人工の歯を被せます

    • 噛む際に削られた歯に負担がかかる
    • 歯根が無いため噛む刺激がなく歯茎が痩せてしまう
    • 正しい力が伝わらない
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、1本の人工の歯冠を固定します

    • 健康な歯を維持できる
    • 歯根があるので正しい力が加わり歯茎も健康に保てる
    • 天然の歯と変わらない外観と機能が保てる
部分入れ歯との比較
  • 部分入れ歯:人工の歯を金属のバネで健康な歯に固定します

    • 金属のバネを掛けることで健康な歯に負担がかかる
    • 金属が見えるため見栄えも悪く違和感を感じてしまう
    • 付け始めは会話の際に発音がしずらい(総入れ歯は特に)
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、人工の歯冠を固定します

    • 時間とともに骨とインプラントが結合するため外観も機能も天然の歯と同じ感覚で違和感がない
    • 1本1本単独で固定されるため安心して噛める
総入れ歯との比較
  • 総入れ歯:人工の歯を歯茎全体に被せます

    • 歯肉が痩せてぐらつき、ズレにより食べ物が挟まる
    • 嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難
    • 毎回外して洗う等のわずらわしさがある
  • インプラント:複数のインプラントで人工の歯全体を固定します

    • あごの骨にしっかりと固定されるためぐらつきがない
    • 食べ物が間に挟まることがほとんどない
    • 天然の歯と同様の外観と機能を保つことができる